MENU

大学入試で気を付けること

鉛筆

要約するときの注意点

大学入試で行われる小論文では、課題となる文書テーマがあり、それについてを要約することが求められるのが主流です。文書をどう要約するか、テーマが何かを理解しているか、しっかりした文書が書けるかどうかを採点基準にしていることが多いようです。現代文の文章読解と比べて小論文の文章は長いことが多く、テーマが難解なことが多いので、要約する際には文章を読み込んでいく必要があります。そこで気を付けたいのは時間配分です。時間切れを起こさないためには、文章の構造がどのようなものかを把握して、どこを自分の意見として抜き出して文章を作っていく練習をします。あとは書くスピードがどれくらいかかるのか、現状を自分で把握してタイムトライアルを行っていくのもいい練習になります。また、小論文の長文読解では、キーワードが多く出てきます。重要なキーワードは繰り返し文中に現れることが多いので、数多く同じ言葉が出てきたら重要なんだなと思いながら読解を進めていきます。小論文の書き方として、テーマをはっきりすることに加えて言葉の使い方も見られています。例えば、一文の長さが長すぎる文章や実際に使われている言葉と本来の意味が違う言葉が使われている文章には気をつけた方がいいです。とはいえ、論文の書き方が最初からわかっている受験生は多くないと思います。予備校に通っている学生さんは予備校の先生に添削をお願いして修正していく方法がいいと思います。

Copyright© 2018 人間環境大学で充実した学校生活を送ろう【特設サイトも用意】 All Rights Reserved.